どんなに綺麗に仕上げた化粧でも、お昼をすぎるとファンデーションが浮いてパサついたり、マスカラやアイシャドウが落ちてパンダ目になったり・・・なんてことはありませんか?

化粧崩れは、綺麗でいたい女性にとってまさに天敵中の天敵。できることなら、メイク後の綺麗な状態を自宅に帰るまでキープしたいですよね。

化粧崩れはちょっとの手間とアイテムを加えるだけで、劇的に防止することができます。「化粧は崩れてしまうものなのでしょうがない」「自分のメイクが下手なのかな」と思う必要はありません。

ただ、化粧崩れをできるだけ少なくするには、その原因を知った上で、正しいアイテムを使いスキンケアやメイクをしていくことが大切。

ここでは、化粧崩れを防止するための5つのアイテムとスキンケアやメイクのコツを解説します。

女性の天敵「化粧崩れ」とは?

化粧崩れは簡単に言えば、完璧に仕上げたメイクが時間とともに落ちてしまっている状態のこと。例えば、ファンデーションが浮いてしまう、マスカラが落ちてパンダ目になる、眉メイクが落ちて途中までしか眉がない、リップが取れてしまうといった状態です。

メイクが崩れると、どうしても不自然な状態になってしまうことが多いため、化粧崩れをなんとかしたいと考えている方は多いのではないでしょうか。

化粧崩れはどうして起こる?5つの原因

化粧崩れの原因は人それぞれ。まずは、なぜ化粧崩れが起こってしまうのか、その原因を見極めていきましょう。

化粧が厚塗りになっている

下地クリームやファンデーションを厚く重ねていると、肌に密着していないファンデーションが、汗や皮脂などによって浮いてヨレてしまいやすくなります。

メイクをする女性

お肌が乾燥している

お肌が乾燥すると、ベースメイクが粉っぽく浮いてしまう、皮脂が過剰に分泌されてドロドロになってしまうことがあります。

スキンケア後すぐに化粧をしている

化粧水・乳液で保湿をした後、肌に馴染む前にベースメイクを初めてしまうと、化粧水や乳液とファンデーションや下地が混ざってしまい、崩れやすくなります。

肌にスキンケアやメイクがあっていない

お肌の水分量・皮脂量は一人ひとり違います。

皮脂が多いのに油分多めの化粧品を使っていたり、水分量が少ないのに保湿効果が低い化粧品を使ったりしていると、肌にしっかり密着せず崩れてしまいます。

汗で崩れる

汗をかくとファンデーションが浮きやすくなり、ベースメイクが崩れたり、その上に重ねているポイントメイクが落ちたりします。また、まつ毛が汗を書いたお肌に触れることで、マスカラが落ちパンダ目になることもあります。

化粧崩れ防止に欠かせないアイテム

化粧崩れを防ぐためにはこれだけは揃えておきたいというアイテムを厳選。まずは、5つのアイテムを揃えるところから始めましょう。

保湿力の高いスキンケアアイテム

できるだけメイクを長持ちさせるには、お肌を潤わせることが必要不可欠。そのため、保湿力が高い化粧水や乳液、美容液を使用しましょう。

特に化粧水の保湿力はお肌の水分量に大きく関わるので、化粧水だけでもまずは見直してみましょう。

ミスト状の化粧水

ミスト状の化粧水とは、霧吹きのようになっている化粧水です。メイクの仕上げやメイク直しに使うアイテムです。メイクの後だけでなく乾燥が気になるときに使えば、メイク崩れを事前に防ぐことができます。

コンシーラーと合わせてメイクポーチの中に常備しておくのに一番おすすめのアイテムです。

ただし、店頭によっては、大きいボトルしかない場合も。その際は、小さなボトルに詰め替えれば持ち運びすることができます。

収れん化粧水

収れん化粧水とはお肌を引き締めるための化粧水で、ひんやりとしているのが特徴。 特に夏場は重宝するアイテムです。

お肌を引き締めるだけでなくテカリを抑えるので、皮脂量が多い方や、夏場テカリが気になるという方におすすめです。

収れん化粧水を選ぶときは、保湿成分が含まれているかがカギとなります。パッケージの裏側などをチェックし、保湿成分が含まれているかどうか確認しましょう。

メイクをする女性

また、肌への刺激がどのくらいあるかもチェックポイントです。特に、肌荒れしやすい敏感肌の方は低刺激な物を選びましょう。

皮脂崩れ防止に特化した下地

化粧が崩れてしまう原因の1つである皮脂。化粧下地の中には、皮脂による崩れを防止できるアイテムがあるので、まずはそれを取り入れてみましょう。

ウォータープルーフのマスカラ

代表的な化粧崩れの1つであるパンダ目を防ぐのに効果的なのが、ウォータープルーフのマスカラ。とりあえずウォータープルーフのマスカラだけは最優先で揃えておくべきです。

もし、余力があるのであればウォータープルーフのアイライナーやアイブロウ、ファンデーションもおすすめです。

化粧崩れを防止するのに効果的な8つのコツ

化粧崩れ防止のためのアイテムが揃ったら、次はスキンケア方法やメイクのやり方を変えていきます。

化粧崩れを防ぐには、普段のスキンケア・メイクを見直すのが一番の近道。自分の習慣を振り返って改善しましょう。

スキンケア前には洗顔料を使って皮脂と汚れを落とす

朝、起きた時ほとんどの人が顔を洗っているかと思います。

その際、水やお湯で顔を洗うのではなく、洗顔料を使ってしっかり洗顔することで、寝ている間に分泌された皮脂やお肌についた汚れを落とすことができます。

洗顔料を使用することで、お肌の皮脂量を減らしてからスキンケア・メイクができるので、化粧崩れを防止することにつながります。

化粧水や乳液はコットンで

化粧水や乳液をつけるときに手にとってそのまま馴染ませる人もいますが、朝のスキンケアだけはコットンを使いましょう。手にとってそのままお肌につけると、塗りムラが発生してしまいますし、馴染むのにも時間がかかってしまいます。

コットンを使えば適量をサッと塗ることができるので、普段は「手で馴染ませる派」の方も朝だけはコットンでスキンケアをしましょう。

スキンケア後は馴染むまで時間をおく

洗顔後、化粧水や乳液を塗ってもすぐにはお肌に馴染まないので、ベースメイクを始める前にしばらく時間を起きましょう。

朝忙しくてそんな時間がない!という場合は、馴染ませている間に別のことをして時間を有効に使いましょう。

スキンケアアイテム・メイクアイテムは肌に合ったものを使う

スキンケアやメイクには、合う・合わないがあります。特に皮脂が多い人や乾燥しがちな人は、それに合わせてスキンケアアイテムやメイクアイテムを選ぶことが大切。毎日使うものなので、自分の肌質に合ったものを使いましょう。

おしろい(パウダー)を活用する

汗や皮脂が多く化粧崩れしやすい場合には、おしろい(パウダー)を活用しましょう。

おしろいは、通常ベースメイクの最後に使われますが、化粧下地を塗った後におしろいを塗り、その上からファンデーションを重ね、最後におしろいで仕上げることで、肌をサラサラにしてからベースメイクに取りかかれます。

ファンデーションは薄く適量で

ファンデーションを乗せるときは、厚塗りにならないよう適量をとって、薄くのばすことを意識します。薄くのばすことで、ナチュラルな仕上がりの落ちにくいメイクになります。

また、のばすときは、お肌に押さえつけるようにのばすことで、より肌に密着します。気になるシミやニキビがある場合は、コンシーラーやカラーコントローラーを使うと、厚塗りにならず気になる部分を隠すことができます、

薄く適量で塗るのはファンデーションだけではありません。チークやアイシャドウなども薄く塗って、色を濃くしたい時にだけ重ね塗りをするようにしましょう。

ウォータープルーフや皮脂を抑えるアイテムを使う

特にマスカラやアイラインは落ちやすく、普段メイクがほとんど崩れない人でも夏場はパンダ目に悩まされてしまうことが多いです。その場合は、皮脂や汗で落ちにくいウォータープルーフのアイテムを取り入れましょう。

マスカラを付ける女性

ウォータープルーフのアイテムは、マスカラやアイラインに留まらず、ファンデーションやアイブロウも発売されています。

ただし、ウォータープルーフは性質上、落としにくく肌に残ってしまうことがあります。落としきれなかったメイクは肌荒れにつながってしまうので、クレンジングは念入りに行いましょう。

メイクの最後にミスト状の化粧水を吹きかける

メイクが終わったらミスト状の化粧水を吹きかけます。一見、化粧水を吹きかけることで崩れてしまうようにも思えますが、ミスト状なのでメイクが崩れることもなく、防いでくれます。

また、ミストをかけて余分な化粧を浮かせることで、厚化粧を防ぐこともできます。

まとめ:化粧崩れを防止する工夫を心得てキレイを保つ

化粧崩れは見た目に大きく関わることですが、アイテムとスキンケア・メイクのやり方に一工夫加えることで防止することができます。

化粧崩れを防ぐのに効果的なのは以下のアイテム。

  • 保湿力の高いスキンケアアイテム
  • ミスト状の化粧水
  • 収れん化粧水
  • 皮脂崩れ防止に特化した下地
  • ウォータープルーフのマスカラ

この5つを取り入れるだけでも化粧崩れはだいぶよくなります。

さらに今回解説した8つのコツを実践することで、かなり化粧崩れを防ぐことができるので、「化粧がすぐに崩れる」「一日中綺麗な状態をキープしたい」という方は是非実践してみてください。

BeautyRanking