紫外線は夏だけでなく1年中降り注ぎ、日焼けはもちろん、シミやそばかすの原因となるので、お肌のことを考えて常にUVケアをしておきたいところ。

特に顔は日焼けが目立ちやすく、露出度も高く紫外線を受けやすいので、万全にUVケアをおこなうことが大切です。

顔の日焼け防止には、クリームタイプの日焼け止めを使用することが多いですが、実は間違った使い方や塗り方をしていると、十分に紫外線をカットすることができず、肌トラブルの原因になります。

日焼けによる顔のシミやそばかすを防ぐためにも、紫外線を最大限にカットできる日焼け止めの塗り方や帽子・日傘・サングラスなどのUVケア方法をご紹介します。

気になる顔の日焼け、主な原因とは

顔の日焼けの原因は紫外線です。太陽から発せられている紫外線は波長によってUVA、UVB、UVCの3つに分けることができ、日焼けの原因となる紫外線はUVAとUVBです。

●UVAは、太陽から届く紫外線のうち9割を占めていて、肌の奥深くにある真皮まで届きます。短時間で肌にダメージを与えるような強力な紫外線ではありませんが、肌に蓄積しやすく、長時間浴びると日焼けや日焼けによるシミを引き起こす原因になります。

●UVBは、太陽から届く紫外線のうち1割ほどで降り注ぐ量自体は少ないです。波長が短い紫外線なので大部分は肌の表面である表皮で吸収されますが、UVAとは異なり肌への作用が強く、短時間でもダメージを与えます。肌が赤くなる日焼け(サンバーン)や赤くなってから数日後に黒くなる日焼け(サンターン)を引き起こす主な原因になります。

UVAもUVBも日焼けの原因になるので、2つの紫外線を防ぐことが日焼け防止につながります。

顔の日焼けを防ぐ!予防法

顔の日焼けは目立つだけでなく、シミやそばかすにもつながるのでUVケアが大切。 きれいな肌をキープするために、顔の日焼けを防ぐ方法を押さえておきましょう。

日焼け止めを利用

顔の日焼け防止として、最も一般的なのが日焼け止めを利用する方法ですね。

顔に日焼け止めを使うときは、基本的に洗顔をして化粧水と乳液で保湿した後に日焼け止めを塗ります。保湿ケアをせずに日焼け止めを塗ってしまうと、肌が乾燥しているために、皮脂の分泌が過剰になり、肌トラブルを引き起こす可能性がありますので注意してくださいね。

また、紫外線は夏だけでなく1年中降り注いでいるので、朝のスキンケアの1つとして日焼け止めを毎日塗るのが理想的です。朝が忙しくて、毎日日焼け止めを塗るのがむずかしいのであれば、日焼け止め防止機能のある乳液や化粧下地を使ってUVケアをするとよいでしょう。

日焼け止めを塗る時のポイント

日焼け止めはなんとなく塗るだけではダメです。ムラなく顔全体に均一に塗らないと、紫外線を十分に防ぐことができません。

1度に多量をつけると、伸ばしたときにムラが生まれやすいため逆効果。隙間なく均一に日焼け止めを塗るコツは、少量ずつ足して重ねづけすることです。

また、逆にベタつくのを嫌って、少量しか使用しないのもNG。顔全体に必要量の日焼け止めが行き届かないと、紫外線をカットできませんので、しっかりと塗るようにしましょう。

【顔への日焼け止めの塗り方】

①まず、日焼け止めを両頬、額、鼻、あごの5箇所に置きます。クリームタイプの日焼け止めなら「パール粒1個分」、エマルジョンタイプの日焼け止めなら「1円硬貨大」が目安です。

②手の指全体を使って、顔の中心から広げるように頬からなじませます。

③鼻筋は上から下へ、小鼻の横など細部にも意識しながらなじませます。

④目元は上下のまぶたも忘れずに、目頭から目尻に向かってやさしくなじませます。

⑤あごは中心からフェイスラインに向かってなじませます。

⑥額は中心から髪の生え際に向かってなじませます。

⑦艶っぽくなって日焼け止めが肌になじんだら、もう1度同量を取って重ねづけします。

塗り忘れに注意して「うっかり日焼け」を防止

せっかく日焼け止めを塗っていても、うっかり塗り忘れがあると日焼けを防ぐことができません。髪の生え際や眉間、耳、小鼻の横、フェイスライン、首などは塗り忘れの多い場所です。特に耳は紫外線を受けやすく、ほかの箇所と比べても忘れられやすいので、意識して塗るようにしましょう。

塗り直しは2~3時間おきにこまめにおこなう

日焼け止めの効果を持続させるには、こまめに塗り直すのがマスト。2~3時間を目安に、塗り直すのが良いです。

汗をかいたり、長く泳いだり、タオルで拭いたりした後は、日焼け止めが取れてしまっているので、時間に関係なく必ず塗り直すようにしてください。肌が濡れているときは、しっかりと水気をとってから日焼け止めをつけるようにしましょう。

「UVケアはしたいけれどそんなにこまめには面倒くさい」って思う方にはスプレータイプの日焼け止め。持ち運びもしやすく、簡単に塗り直しができるのでオススメです。見落としがちな唇の日焼けも防止できるので、1本持っておいて損はありません。

日焼け止め選びに重要な「SPF」と「PA」とは

日焼け止めでよく見かける「SPF」と「PA」という表示は、日焼け止めの効果を示す指標です。

「SPF」は、短時間で肌にダメージを与えるUVB(B紫外線)を防ぐ効果を示す数値です。「SPF◯+」という形で表示されていて、+の数が多いほど効果が高いものになります。最高値は「SPF50+」。

「PA」は、地表に届く紫外線の9割を占めるUVA(A紫外線)を防ぐ効果を示す数値です。「PA++」という形で4段階の+マークで表示され、+の数が多いほど効果が高いことを表しています。最高値「PA++++」(フォープラス)。

どの日焼け止めを選べば良いかわからない人は、「SPF」と「PA」をもとに、利用シーンにあったレベルの日焼け止めを選んでUVケアをしていきましょう。

日焼けを防ぐ帽子を利用

UVケアのアイテムは日焼け止めだけではありません。帽子も紫外線をブロックし、日焼けを防ぐことができます。

帽子は物理的に紫外線を遮ることができるため効果が高いです。日焼け止めだけでなく、帽子も合わせて使用するのがUVケアの基本となります。

日焼けを防ぐための帽子をかぶる場合は、帽子のツバの長さに意識してください。ツバが短いと顔に当たる紫外線を十分にカットできませんので、ツバが7cm以上あるものを基準にするとよいです。

また、サンバイザーのようなツバが前だけにしかない帽子だと、首の後ろを遮ることができません。顔だけでなく首も日焼けしたくない、という方はツバが広い帽子(キャペリン・女優帽など)を選ぶようにしましょう。

日傘を使用する

帽子と同じく、日傘も物理的に紫外線を遮ることができるので日焼けを防ぐことができます。日焼け止めや帽子と一緒に使用することで、より紫外線をカットすることが可能になります。

使用する日傘は、UVカット加工のものを選ぶのがよいでしょう。最近では、晴雨兼用の日傘も多く登場してきているので、1本持っておいて損はありませんよ。

UVカットのサングラスを使用する

UVケアが必要なのはお肌だけではありません。きれいな肌をキープするためには、実は目も紫外線から守ることが大切。

目に紫外線があたると脳が反応して、紫外線によって体内の細胞が破壊されないように、メラニン色素を作るように命令を出します。メラニン色素はシミやくすみ、肌が黒くなる原因です。そのため、日焼け止めを塗ってUVケアを頑張っていても、目への紫外線を予防できていなければ、せっかくの努力も水の泡になってしまう可能性があります。

また、日焼けだけでなく、目に紫外線があたることで炎症を起こす可能性があります。大切な目を守るために、目のUVケアをおこなうことが非常に重要になります。

目のUVケアには、日焼け止めを使うことはできませんので、サングラスを使用して紫外線を防ぎます。ただし、UVカット機能が備わっていないと紫外線を防げないため、選ぶ際は必ずUVカット機能があるかどうか確認してください。

UVカット機能が備わったサングラスであれば、レンズの色の濃さは関係ありませんので、自分の好みのものを選ぶのがオススメです。

日焼けした肌のスキンケア・メイク

肌を大切に クレンジング・洗顔について

日焼けしたお肌は乾燥している状態。

日焼け止めやメイクが肌に残ったままだと、ニキビや吹き出物などの肌トラブルに繋がってしまうため、丁寧なクレンジング・洗顔を心がけましょう。

肌をゴシゴシとこすったり、熱めのお湯ですすいでしまったりすると、肌へ刺激を与えてしまうので、優しくメイクや汚れを落としましょう。

肌の清潔感と潤いを保ち、他の肌トラブルを抑制

日焼けしたお肌に欠かせないのが、保湿。紫外線を浴びた肌は水分が足りていないので、化粧水を使ってしっかり保湿しましょう。

また、化粧水だけでなくシートマスクもおすすめ。しっかりとお肌に水分を補給しましょう。

美白ケア(※)は肌が落ち着いてから始めましょう。引き続き保湿をしながらできる美白ケア(※)用品がおすすめです。約1ヶ月は美白ケア(※)ができるスキンケア用品を使いましょう。

※メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ

メイクの際の注意点

日焼けしたお肌は通常よりも刺激を受けやすくなっているので、今まで問題なく使えていたものでも肌トラブルのもとになってしまう場合も。

できるだけ薄いメイクを心がけるのが大切です。どうしてもメイクが必要という場合は、保湿をしっかりしてからメイクをしましょう。

1日経っても炎症が治らない、赤みがひどいという場合は、メイクをすると悪化してしまうことがありますので、メイクをせずに皮膚科を受診しましょう。

自宅でも日焼けする可能性あり グッズを工夫

自宅にいるときはUVケアが必要ないと思われがちですが、実は間違いです。紫外線の1つであるUVAは窓ガラスを通過するため、室内にいても日焼けしてしまうことがあります。

日焼けを防ぐためには、自宅であっても油断せず、室内向けの日焼け止めを塗ったり、UVカット機能のあるカーテンを設置したり、窓にUVカットフィルムを貼ったりしてUVケアをおこなうことが大切です。

まとめ:敏感なお顔の日焼け防止は丁寧に

紫外線は日差しの強いシーズンだけでなく、1年を通してお肌にダメージを与えます。露出度の高い顔は、特に紫外線を浴び続けることになるので、UVケアをしっかりおこなって日焼けを防ぐことが大切です。

紫外線は自宅にも侵入してきますので、外出する直前だけでなく、朝のスキンケアの一環として日焼け止めを塗ったり、UVカット仕様のカーテンを設置したり、工夫して大切な顔を日焼けから守っていきましょう。

BeautyRanking