紫外線による肌トラブルを防ぐのに欠かせないUVケア。

「なんとなく重要なことは分かるけど具体的にどんなことをすればいいの?」

「UVケアをすることでどんな効果が生まれるの?」

と感じている人は少なくないかと思います。

最も手軽に始められるUVケアは、日焼け止めを使ったケア。 メイクの前や外出前に、顔や体に塗ることで日焼けを防げるだけでなく、日焼けによるシミやそばかすを防ぐことが期待できます。

他にも、日傘やサングラスなど日焼けを防止するための方法は様々。

ここでは、日焼け止めをはじめとしたUVケア法をまとめます。

まずは紫外線について知ろう

紫外線とは?種類や性質について解説

地球には太陽からの光(太陽光線)が降り注いでおり、太陽光線は紫外線・可視光線(目に見える光)・赤外線に分かれています。 このうち、シミ・そばかすの原因となったり、肌に大きな影響を及ぼしたりするのが紫外線(UV)です。

雲のイメージ

地表に届く紫外線は2種類

地表に届く紫外線は「UVA」と「UVB」の2種類。

UVAは雲や窓ガラスを通り抜けて肌の内部(真皮)まで届く厄介な紫外線です。別名「生活紫外線」とも呼ばれています。

UVAが全紫外線のうち95%を占めるのに対し、UVBは5%ほどしかありませんが、お肌の影響が非常に強い紫外線です。屋外での日焼けはUVBによるもので、別名「レジャー紫外線」とも呼ばれています。

UVBは、肌の表面(表皮)に作用し、日焼けを引き起こします。 日焼けすると肌が赤くなるだけでなく、日焼けによるシミやそばかすに繋がります。

日焼けのメカニズム

日焼けはUVBが原因です。 肌がUVBを浴びると、まず肌が赤くなる「サンバーン」と呼ばれる状態になります。

その後、肌を紫外線から守るために、紫外線を吸収し肌を守るメラニン色素がメラノサイト(表皮の最も下層である基底層にあるメラニン生成細胞)から作り出されます。

メラニン色素は黒い色素なので、日焼けをして時間が経つと肌が黒くなります。

メラニン色素がシミやそばかすの原因に

肌の生まれ変わりであるターンオーバーが正常であれば、徐々にメラニン色素を含んだ細胞は肌の表面に押し出され、最後は角質として肌から剥がれ落ちていきます。

しかし、ターンオーバーが正常でなかった場合、メラニン色素が肌に残り続けてしまうので、シミやそばかすとなってしまいます。

UVケアの効果

UVケアをして、UVA・UVBを浴びるのを防ぐことで、日焼けによるシミやそばかすを防ぐことができます。 綺麗で健やかな肌をできるだけ長持ちさせたいのであればUVケアは必須です。

適正なUVケアの方法について

日焼け止めによる対策

UVケアの中でも手軽に始められるのが日焼け止めによるケア。 日焼け止めを塗ることで、UVA・UVBを防ぐことができます。

チューブから化粧品を出す女性

日焼け止めの選び方

SPF値とPA値に着目して選ぶ

現在、日焼け止めには色々な種類があります。 日焼け止めを選ぶ上で基準となるのがSPF値とPA値です。

SPF値は、UVBによる日焼けをどのくらい遅らせられるかを10〜50の数値で表しています。SPF1あたり20分日焼けを遅らせる、つまり日焼け止め効果があるということなので、理論上、SPF値10では200分日焼けを止める効果があります。

(皮脂・汗・使用場所・紫外線の量によって効果は変化します) PA値は、UVAをどのくらい防げるかという数値で、「+・++・+++・++++」で表されます。

日焼け止めを選ぶときは、場合によって適切なものを選びましょう。

散歩や買い物に行くという場合は、SPF値25・PA値+くらいあれば問題ありませんし、屋外でのレジャーの場合は、SPF値40・PA値++で十分です。

炎天下でのレジャーの場合や紫外線に過敏な場合などは、SPF値50・PA値++++が適切。 タイミングによって適切なものを使い分けましょう。

テクスチャーによって選ぶ

SPF値・PA値が同じでも、テクスチャーによって塗り心地が異なります。 クリームタイプのものからミルクタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプまであるので、自分にあった使いやすいものを選びましょう。

また、水に強いウォータープルーフかどうかや、石鹸・洗顔で落とせるかも選ぶポイントです。

意外と知らない日焼け止めの使い方

日焼け止めは、体の場合は外出する直前、顔に塗る際は保湿後のメイク前に塗りましょう。

体に塗る場合は、塗りたい部分(脚や腕)に線状に日焼け止めを出します。 肌に出したら、その部分に満遍なく塗れるように大きな楕円を描きながら広げていきます。

顔に塗る場合は、まず手に日焼け止めを取ります。

その後、適量を両ほほ・おでこ・鼻・あごに置き、指の腹(薬指・中指)を使いながら顔全体になじませます。

なじませるときは、面積の広い両、頬・おでこからはじめ、鼻・あごを馴染めませ、最後に細かい部分(目元・口元)を塗っていきます。

日焼け止めを使う際の注意点

ムラなく十分の量を塗る

塗りムラがあったり、十分な量が塗れていたりしないと、日焼け止めの効果が薄れてしまい、「日焼け止めを塗ったのに日焼けしてしまった」ということも。 記載されている使用量を守り、ムラがないよう指先の腹でしっかり塗りましょう。

塗り忘れないようにする

耳・首・エリ元・袖周り・うなじ・腕の後ろ・足の甲は日焼け止めを塗り忘れてしまう部分。地面からの照り返しによって紫外線は下方向からも浴びるので、忘れないように塗りましょう。

基本的に1年中使うことが大切

紫外線は6月〜9月にかけて最も多くなりますが、基本的に季節関係なく1年中降り注いでいます。真夏だけ日焼け止めを塗るのではなく、年間通して日焼け止めは使いましょう。

特に、3月頃から紫外線は多くなるので、注意が必要です。

晴れの日だけでなく、曇りの日や雨の日でもUVケアは必要です。

晴れの日に比べれば若干少なくなりますが、それでも曇りの日は晴れの日の50~60%、雨の日は30%程度の紫外線が降り注いでいるので、しっかりとケアすることが大切です。

適度な塗り直しが必要

日焼け止めはメイクの前や外出前に使います。

しかし、出かける時に塗ってそのまま一度も塗り直さないのは危険です。

日焼け止めは汗・皮脂の状態などによって落ちてしまうこともあります。 そのため、外出やメイク前に塗っただけで終わりにせず、こまめに塗り直しましょう。

衣服やグッズによるUVケア

日焼け止めだけじゃ不安、もっとしっかりUVケアをしたいという場合は、衣類やアイテムでのUVケアを取り入れましょう。

最近はUVをカットするカーディガンや帽子が売り出されています。 外出時にUVカットができる衣類を羽織ったり、つばの広い帽子を被ったり、サングラスを掛けたりすることで、より念入りなUVケアが期待できます。

衣類だけでなく、日傘も効果的です。 太陽光を遮ることができるので、日差しが強い日に外出する際は日傘をさすのもおすすめ。

おしゃれなデザインのものも多いので、ファッション感覚で取り入れられます。

日傘をさす女性

日々の行動で紫外線から身を守る

UVケアは、日々の行動でも心がけることができます。 日焼け止めなどのケアと合わせて実践してみましょう。

水分・栄養を補給する

普段の食事をバランスの良いものにし、色々な栄養素を摂取するようにしましょう。

また、水分補給も欠かせません。 体の内側からうるおすことで、肌をよく冷やして保湿しましょう。

外出時の注意点

外を歩くときは、紫外線の強い時間帯を避けたりすることも大切。 特に、10時〜14時ごろは紫外線が強いので、UVケアをするなら極力外出を避けたほうがいいでしょう。

どうしても出かけるという場合は、できるだけ日陰を歩いて太陽光を浴びないようにするのがポイント。建物の影や屋内を歩くようにしましょう。

まとめ:UVケアでいつまでも健やかなお肌に

紫外線(UV)は、シミやくすみ、そばかすに影響します。 できるだけ綺麗で健やかなお肌でいるためには、UVケアが欠かせません。

UVケアには、日焼け止めをはじめ、UVカットができる衣類や日傘、サングラスなどは効果的。さらに、水分・栄養を補給したり、紫外線の多い時間帯を避けて外出したりすることもUVケアにつながります。

正しい方法でUVケアをおこなって、いつまでも健やかなお肌を保ちましょう。

BeautyRanking