QVCジャパンは、乳がんの早期発見の大切さを広めるピンクリボン運動に賛同します。

QVCナビゲーターから乳がんに対する大切なメッセージをお届けいたします。

大切なのは、乳がんを「知ること」、まわりの人に「伝えること」。きちんと向き合って、定期的なセルフチェックや検診を「はじめること」。
私たちと一緒に、その最初の一歩を踏み出しませんか?

※画像をクリックし、全画面表示でご視聴ください。

~「乳がんってどんな病気?」乳がんの恐怖と正しい知識~

乳がんを他人事だと思っていませんか?

乳がん罹患のリスクが最も高いのは40代以上の女性です。「自分は大丈夫だろう」と目を背けてしまわずに、まずは自分のカラダを知ることからはじめませんか?
乳がんは自分で見つけやすいがんと言われています。そして、早期発見、早期治療をすることで治癒の可能性が高まる病気でもあります。

ご自宅で簡単にできるセルフチェックのご紹介

毎月のセルフチェックを習慣にすれば、早期発見につながります。 生理が始まって1週間後の、乳房にハリや痛みがなく、柔らかい状態の時に自分でチェックしてみましょう。 閉経された方は毎月1回、セルフチェック日を決めて行うことをおすすめします。

~QVCから、お客さまへ。お客さまから、大切なご家族やご友人へ~

がん検診の目的は、がんを早期発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を減少させることです。

乳がん検診の種類について ※2

マンモグラフィ

【メリット】

・しこりだけでなく、石灰化※を見つけることができる

※乳腺の中にカルシウムが付着した状態

・40歳以上の女性、特に閉経後の乳がんの早期発見が得意

【デメリット】

・乳腺の発達をしている若い世代の乳がんが見つけにくい

・線量は少ないが被ばくするので、妊娠中や妊娠の疑いがある場合は受けられないことが多く、続けて何度も受けられない

・2枚の圧迫版で乳房を挟むため、痛みを伴う場合がある

超音波

【メリット】

・小さなしこりを見つけることができる

・乳腺の発達している人や若い世代でも、しこりを発見しやすい

・被ばくが全くないので、妊娠中でも受けられる

【デメリット】

・検査する人の技術の差が出やすく、人によってがんを見落としてしまう可能性がある

・がんではない良性のしこりも拾ってしまう

※1…国立がん研究センターがん情報サービス ※2…認定NPO法人乳房健康研究会 ※3…国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」(全国がん登録)

スペシャルメッセージ

大人気ブランド「&LOVE」をプロデュースするAN☆DOのお2人や、 QVCナビゲーターからピンクリボン運動を応援する動画が届きました!
※画像をクリックし、全画面表示でご視聴ください。

【10/22公開】小林さやかナビ

【ピンクリボン運動×QVC】QVCの小林さやかナビから、検診に行くタイミングについてメッセージをお届けいたします。

【10/16公開】SATOMIさん

【ピンクリボン運動×QVC】乳がん経験者のMASAMIさんを支え続けたSATOMIさんだからこそ分かる、検診の必要性をお話しいただきました。

【10/10公開】西貝真里子ナビ

【ピンクリボン運動×QVC】QVCの西貝真里子ナビから、若い世代の方々へ向けて乳がん検診のメッセージをお届けいたします。

【10/1公開】MASAMIさん

【ピンクリボン運動×QVC】乳がんを経験したAN☆DO のMASAMIさんから、乳がんを発見した当時のエピソードをもとに早期発見の大切さを伺いました。