3/8は女性たちの勇気と活躍を称える記念日「国際女性デイ」
QVCでは自分らしく輝くすべての女性を応援、輝く明日へエールを贈ります。
<プレゼントキャンペーンも開催中>

Special Interview

ジェンダーギャップ(男女格差)について

世界各国と比べた日本の「男女格差」の指標は、世界153カ国中、121位です。
※Global Gender Gap Report 2020(世界経済フォーラムより)

QVCは、性別を問わず、男女が平等に活躍できる取組みを推進しています。

日本を含め、グローバルに展開する各国のQVCで、性別、人種、国籍を問わない採用ポリシーを適用し、男女ともに働きやすい、活躍できる企業を目指します。

Special Interview

女性として自分らしい生き方に挑戦し続ける、AN☆DOと牧野ナビにお話をお伺いしました。

ファッションブランド「&LOVE」のプロデュースなど、様々な分野で活躍されているお二人が、困難を乗り越えた先に見つけた“自分らしさ”とは?

突然の告知で、私たちの人生が変わりました。

SATOMIさん「私たちは24歳からタレント活動をはじめ、26歳のときに上京しました。テレビのレギュラー番組が決まり、イベント主演や仕事が忙しくなってきた矢先に、雅美が乳がんの告知を受けて、私たちの人生が変わりました。」
MASAMIさん「30歳の時、がんの告知を受けました。健康には気をつけていて自信があったのに、最初の告知では命の保証はないといわれて、そのときは何を言っているのか意味が分からなかったです。自分のことだと思えなくて、受け止められませんでした。すべての事が未知で、今まで頑張ってきたことがすべて終わってしまうのかと思いました。」

過酷な富士五湖ウルトラ100キロマラソンに挑戦

MASAMIさん「絶対に治療して、誰にも言わずにやり切ると言う気持ちでした。まわりには、病気ということを隠していたので、ウィッグにバンダナをつけ、ズレないようにしてテレビに出演していました。髪の毛がなくなると女性でなくなるような気がして、育毛剤を1ダース買ったこともありました。」
SATOMIさん「抗がん剤でまつ毛や髪の毛が抜け落ち、それを隠しながら頑張る雅美を必死に支えました。ある時、頑張りすぎた雅美が弱音を口にしたときがあって。なんとか元気にさせる方法はないかと考え、過酷な富士五湖ウルトラ100キロマラソンに挑戦しました。最後のトラック、雅美も一緒に走ってゴールしたよね。」
MASAMIさん「12時間、待って見ている方も辛かった。足が動かなくなったり、吐いたり、泣いたり、立ち止まったりする里美の姿をみて、辛い治療も頑張って乗り切って、絶対元気になるという強い気持ちが持てました。」

苦しいときこそ口角を上げて笑う。笑顔で前向きに生きる。

SATOMIさん「私の自分らしさは “いつも笑っていること”。苦しいときこそ口角を上げて笑う。苦しいことは当たり前、そんなときこそ自分を盛り上げることが大切だと思います。」
MASAMIさん「私は“頑張っている”ことが自分らしさ。“がんばる”は、歯を食いしばって、しかめっ面で“頑張る”という意味ではなく、顔を晴れやかにして、笑顔で前向きに生きるということです。だから私たちは文章を書くとき、“顔晴る”って書くんです。」

小さな幸せを見つけて、ポジティブな気持ちを心がけています。

SATOMIさん「可愛いお洋服を着たり、美味しいものを食べたりと、何かの力を借りて小さな幸せを見つけて気分を上げる。苦しいことがあったときには、外で美味しい空気を吸って、気分転換をしてリセットします。今日のお洋服可愛いねと褒められると嬉しいし、だから“顔晴れる”。いつまでも若々しくいたいというポジティブな気持ちを心がけています。」
MASAMIさん「ハッピー体質を心がけています。胸を大きく開いて、深く深呼吸する。すると自然に笑顔が生まれ、小さな幸せに気づくことができます。自分を大人可愛く魅せてくれるお洋服を身につけ、気分を上げて、ハッピーワードをたくさん発すると、嫌な事があっても跳ねのけられます、ポジティブな気持ちで一緒に輝き続けましょう。」

若々しくパワフルに。たくさんの方に元気を発信していきたい。

SATOMIさん「ヨガの深い呼吸法が身体にいいと聞いて、インストラクターの資格を取得したとき、雅美がどんどん元気になっていったでしょ。里美自身も43歳で三女を出産してから疲れやすくて大変なとき、骨盤インストラクターやサプリメントアドバイザーなど色々学んで、今こうしていられるので、たくさんの人を元気にしてあげたいです。」
MASAMIさん「人生100年、元気に若々しくパワフルに。自分自身がお洋服の力に助けられて“顔晴れて”きたからこそ、ファンの皆さんがいくつになってもポジティブな気持ちで輝き続けられるお洋服を作り続け、元気を発信していきたいです。」

何かを始めるのに年齢は関係ない。色々なことに興味をもって挑戦し続けたい。

「まず自分を好きになるということ。自分自身を好きにならないと人を好きになれないと思います。何かを始めるのに年齢なんて関係ない。どんどん色々なことに興味をもって、『私なんか…じゃなくて、私も私も』と向上心を持って、ワクワクドキドキしてときめきながらHAPPYを感じることです。私たちも、50歳からの挑戦をワクワクして楽しみにしています。QVCの金さん銀さんを目指して、これからも皆さんに感謝しながら頑張っていきます。」

アナウンサーからナビゲーターへ。好きなことを追求し、どんなことも前向きにチャレンジし続ける、牧野ナビの“自分らしさ”とは?

前例がないことへの挑戦、コンプレックスも個性に。

北海道のテレビ局でアナウンサーをしていた頃、スポーツ実況を希望していたのですが、当時は男性がする仕事、女性は前例がないからと受け入れてもらえませんでした。しかし、どうしても諦めきれずに、まずは自分でもやれる事からと思い、ルールはもちろん、各チームの戦績や選手情報など、とことん調べました。チームの練習にも足繁く通いましたね。実際の試合を観に行って、自分なりに実況したものをカセットテープに録音して上司に聴いてもらったりと、男性アナウンサーと比べても、2倍・3倍、色々なアプローチをしました。
最終的には、女性で初めて高校野球とアイスホッケーの実況も担当させていただけることになりました。そして、その経験を認めていただいて長野オリンピックではキー局の取材チームに地方局女性アナウンサーでは唯一参加することができました。当時は男性だけと言われる分野でも、考え方やアプローチ次第で、チャンスが貰えるんだと思いました。コンプレックスだと思っていた低い声も、実況では聞きやすいと受け入れられて、これも個性だと思えるようになりましたね。

好きなことをとことん追求して、完成度を高めたい。

昔から「いつも一生懸命だね」「努力しているね」と言われるのですが、これは少しでも100点に近づけたいなと思ってやっていることなので、自分としてはいくら時間がかかっても努力している感覚はないんですよ。それが自分らしさに繋がっているのかもしれないですね。今は「知らなかったことを知る」=学ぶことがすごく楽しいです。最近は、ペットシッターの資格や化粧品検定1級の資格を取りました。お仕事で役に立つのはもちろんですが、これからも色々なことに興味をもって、チャレンジしていきたいですね。

「自分の好きなこと=やりたいこと」が私の自分らしさ。

私の場合、自営業(衣料品店)をしていた両親の影響なのか、接客をしたり、物を売ったりするのが好きなんです。そして、前職のアナウンサーは情報を正しく伝えるという仕事であったことを考えると、QVCのナビゲーターは、育ってきた環境とこれまで培ってきた経験の二つが活かされていますね。これからも「言葉で人に伝える」仕事は続けていきたいと思っていますし、その完成度を上げるためにも、今自分ができることを、精一杯、取り組んでいきたいです。

自分に自信をもって、前向きに過ごせるように。

実はどちらかというと自己肯定感が高くないのでちょっとしたことで落ち込んだりもします。そんな時は、よく“リフレーミング”を活用しています。意図的に視点や意識を変えるんです。「あぁ、今日は疲れた」ではなく、「今日は充実していたな」、「まだ半分しかやっていない」ではなく「もう半分終わった」と前向きにとらえるようにしています。年齢を重ねても、ツライことや心が揺らぐこともありますが、常に楽しく、前向きに過ごせたらと思っています。
毎日を楽しむ秘訣として「美活」もしています。その日を気分よく過ごすため、20代・30代のときよりも、食生活、運動、スキンケアには気をつかっていますね。朝起きて「今日何かいけていないな」と思うのと、「あっ、何かお肌の調子がいいみたい」と思うのでは、一日の過ごし方が全然違うと思うんですよ。これって男女問わずだと思いませんか。 私も自分にちょっとでも自信をもって過ごしたいなと思ってやっています。

感謝される喜びを大事にしていきたい。

今はSNSなどを通じて、お客様と直接つながれる機会が増えました。「朝から元気をもらいました」「とてもいい買い物ができました」「オンエアも楽しかったです」など、よくお声をいただくのですが、何にも代えがたいくらい嬉しいですね。何よりの励みになりますし、いつも勇気をいただいています。これからも、そう思っていただけるようなナビゲーターでいたいと思いますし、感謝される喜びを大事にしていきたいと思っています。

3/8(月)輝く女性応援スペシャル ~国際女性デイ~

オンエアでは自分らしく輝くすべての女性を応援するスペシャルイベントを開催。
様々なジャンルでアクティブに活躍する 女性ゲストが登場し、商品と共に開発秘話などをご紹介します。どうぞお楽しみに!

牧野ナビは10:00のオンエアなどに出演予定です。

輝く女性応援プレゼントキャンペーン

ネット会員登録と「QVCからのお知らせ(メールマガジン)」にご登録いただければ、ご購入の有無にかかわらず、どなたでもご応募いただけます。

プラセンタ100 ビューティーエクストラドリンクプラス<抽選で100名様>

素早く美味しくビューティーチャージ!1本に400mgのプラセンタエキス末を配合した美容ドリンクを抽選で100名様にプレゼント。
【賞品】プラセンタ100 ビューティー エクストラドリンクプラス10本
【応募期間】2021年3月1日~3月8日
【当選発表】 賞品の発送をもって、発表にかえさせていただきます。
※QVC会員登録住所へ3月中のお届けを予定しています。

【キャンペーン参加方法】

QVCネット会員登録と「QVCからのお知らせ(メールアドレス)」にご登録いただいた方が対象です。すでにご登録されている方は、今すぐご応募いただけます。
※「QVCからのお知らせ(メールアドレス)」は、クーポンや送料無料・セールのご案内など、お得な情報をメールでお届けしています。(不定期配信)

■QVC.jpをはじめてご利用の方へ(ネット会員登録は無料です。)

・QVCでお買い物をされたことがない方はこちら >
・電話でお買い物をされたことがある方はこちら >
※ご登録時に、“「QVCからのお知らせ」を希望する”にチェックをお願いいたします。

■ 「QVCからのお知らせ(メールアドレス)」のご登録について

・QVCからのお知らせを受け取る方はこちら >
※ログイン後、会員情報から”「QVCからのお知らせ」を希望する”にチェックをお願いいたします。

【出典一覧】

Global Gender Gap Report 2020 (世界経済フォーラムより)WEF_GGGR_2020.pdf (weforum.org)
平成30年度雇用均等基本調査 (厚生労働省)平成30年度雇用均等基本調査 (確報)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)
女性活躍推進法への取組状況 (厚生労働省)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000129028.html