QVC RECRUITING INFORMATION - ショッピングを超えてゆく。

  • 新卒採用はこちら
  • 中途採用はこちら

Project Story 02

誰よりも自分が信じなければ、人は動かない。

私がQVCに入社したのが、2012年8月1日。その3週間後、とつぜん予算5億円・サンルミエプロジェクトの全体コーディネートを任せられました。あまりに急展開すぎて、扱う金額も大きすぎて、動揺したことを今でも覚えています。私が配属されたセールスチームは、新設された組織。主な役割は、部署間のつながりを強くして売上を最大化することです。キックオフミーティングにはMDやテレビ部門のトップ、各部のVP(ヴァイスプレジデント)など、総勢20人ぐらいが集結。しかし、仕切るのは、入社間もない私。おそらく最初は「この人だれ?」というところからのスタートだったと思います。でも皆さんは、右も左も分からない自分を受け入れてくれた。「一緒にやりましょう」「がんばりましょう」と声をかけていただいたのは本当に嬉しかったです。その後も定期的にミーティングをひらき、各部署の進捗状況や新しい施策の討論などを行なっていきました。

Team QVCを、もっと強く。もっと熱く。

日を追うごとに会社全体の盛り上がりを感じていました。たとえばカスタマーコンタクトセンターでは、クス玉をつくって、横断幕を掲げて、みんなで同じTシャツを着て…。まさに学園祭の前日のようでした。自分としてはやれることはやったという満足感と、本当に達成できるのかという大きな不安が混同する、なんともいえない気持ちでした。そして、11月16日のオンエアを迎えました。しかし、開始直後に電話が殺到すると思いきや、例年と比べて問い合わせの数が少ない事態に(これは後で、事前に用意した「よくある質問集」の効果だとわかりましたが)。バイヤーの長澤さんとともに状況をみつめながら、あのときは本当に吐きそうになるぐらいの緊張感でしたね(笑)。その後注文数は急激に増え、3回目のオンエアが始まった頃には、目標額を突破。4回目のオンエアで在庫はゼロに。完売です。スタジオでは泣き出すゲストやプロデューサーも。社内は言いようのない達成感に包まれていました。その日、間違いなく私たちは一つのチームになっていたと思います。本当にこの会社に入って良かった。来年、私は40歳。この歳になってもこんな経験ができたことに感謝しています。

サンルミエ

Project Menber