Provador オーガニックコットン Provador オーガニックコットン
澤崎隆人リラクシングウェア「POCO&MOCO」 澤崎隆人「麻布プロバドール」 澤崎隆人「Provador オーガニックコットン」
Provador オーガニックコットン
Provador オーガニックコットン
bioRe(ビオリ)プロジェクトは、インドとタンザニアで、オーガニックコットンの買い取りを通して、この地域で暮らす人々が自立していくための様々な仕組みを構築しているプロジェクト。世界で最も大規模かつ、先進的なプロジェクトのひとつとして知られ、数々の国際的な賞を受賞しています。 澤崎さんはこのbioReプロジェクトに賛同。bioRe COTTONでつくった服を、麻布プロバドールのオーガニックラインとしてお届けします。
bioRe PROJECT bioRe Foundation bioRe COTTON INSIDE” LABEL
bioRe PROJECT
bioRe(ビオリ)プロジェクトはスイスのREMEI社が中心となり、1991年からインド、1994年からタンザニアで始められました。 このプロジェクトの特徴は、単にオーガニックコットンを買い取るだけではなく、この地域で暮らす人々が自立していくための 様々な仕組みを構築している点です。
現在では、インドで8,000軒以上、タンザニアで2,000軒以上の契約農家を抱え、世界で最も大規模かつ、 先進的なプロジェクトとして知られています。
bioRe製品の5つの原則
オーガニックコットンの栽培から最終製品に至るまでのすべての工程において、環境に負荷を与えず、社会的に公正なモノづくりを行っています。 それらの工程は、独立した第三者認証機関による厳しい検査を受け認証されています。
有機農法 / Organic : 農薬や化学肥料を使用しない有機農法と輪作により、健全な土壌が保たれます
公正 / Fairness : 綿農家やテキスタイル工場で働く人たちのために、適切な労働環境を提供しています
環境 / Ecology : 自然環境に配慮し、有害な化学物質を使用しません
透明性 / Transparency : すべての製造工程で厳重なトレーサビリティーの管理を行っています
革新 / Innovation : CO2の削減やオフセットなど、長期的視野をもって環境に配慮した資源の活用を目指しています
bioRe PROJECT
プロジェクトをスムースに進めるため「bioRe基金」が設立され、基金はREMEI社及びその理念に賛同する法人、個人からの寄付金によって運営されています。この基金を通して生産者と彼らの暮らす地域に様々な支援を行っています。
@ 有機農業のサポート  A 子どもの教育支援  B 生産者や地域の人々の健康のためのインフラ整備  
C 就農のための資金援助 D 生産者の自立支援

bioRe PROJECT
“bioRe COTTON INSIDE” LABEL
現地で収穫されたbioRe COTTONは、通常bioReサプライチェーン内で、糸、生地、そして最終製品となります。 bioRe COTTONを原料とする製品には、このラベルが取り付けられます。


“bioRe COTTON INSIDE” LABEL
“bioRe COTTON INSIDE” LABEL