ピオニー - 千の花びら、響きあう香り。妖精から生まれた花
誰もが心を奪われる、美しき花、ピオニー。なぜならその花は、妖精から生まれた花だから。羽のように軽やかに重なり合う、ごく薄い千の花びら。そっと微笑むだけで、包み込む風さえも香り立つほどに、その芳しく澄んだ透明感は、他の何ものにも変えられない。息をのむほどに美しい、この花だけに許された特別な香り―。